[GLOBAL]

CANDY GIRL

これまで数々の名作ジャパンアニメーションを生み出してきた天野喜孝氏が自身初のガールズをテーマにした作品「CANDY GIRL」シリーズを制作。これまでの同氏のファン層とは別の新たな層へのアプローチを行う為、「ファッション」「アート」「ミュージック」の切り口で、世界に「CANDY GIRL」を発信していきます。

→CANDY GIRL

main main

CONCEPT

世界的に活躍する天野喜孝氏の想像力が生み出した新たなクリエーション・108体の天使「CANDY GIRL」。CANDY GIRLは、自由奔放で、変幻自在。色と光が、まるで世界をぬりかえるように溢れだす、ネオジャポニズムなファインアート。

  • Policy.01 天野喜孝

    1952年生まれ。静岡県出身。15歳でタツノコプロに入社。『みなしごハッチ』『タイムボカンシリーズ』『ガッチャマン』などのアニメキャラクターデザインを手掛ける。独立後、キャラクターデザイン、イラストレーション、装幀、舞台美術をはじめ、ファインアートの活動が認められ世界的に高い評価を受けている。ニューヨーク、ロンドン、パリなどでも数多くの個展を開催。受賞歴多数。代表作にゲーム『ファイナルファンタジー』、『吸血鬼ハンターD』シリーズの装画・挿絵、『やさいのようせい/N.Y.SALAD』などがある。去年『24時間テレビ37 愛は地球を救う』のチャリティTシャツのデザインを担当したことでも話題。 2015年かつてより取り組んできたファインアート作品の象徴でもあるカラフルでポップな「CANDY GIRL」。このキャラクター群から「CANDY 5」がアーティストとして世界デビュー。日本を代表するクールジャパンの象徴として、京都の伝統工芸とファインアートとの融合である「CANDY GIRL×琳派」のアート作品や、ハイブランドファッションとのコラボレーションなど、アートを軸にした「CANDY GIRL PROJECT」がついに始動する。

  • Policy.02 三越銀座店

    株式会社三越伊勢丹ホールディングスが三越銀座店で開催する世界から注目を集めるトーキョーポップカルチャーをクローズアップするイベント「ディスカバートーキョー」とコラボレーションが決定致しました。このイベントでは、三越銀座店限定の「CANDY GIRL」アイテムが約50アイテム、200種類が販売されます。

  • Policy.03 TOKYO GIRLS COLLECTION 2017 SPRING/SUMMER

    「CANDY GIRL」が、2017年3月25日(土)に国立代々木競技場第一体育館にて開催される「第24回 東京ガールズコレクション 2017 SPRING/SUMMER」のテーマを象徴するキービジュアルに起用されました。